2018年4月23日(月) 緑茶カウント:2杯

好きであることと詳しいことはイコールではなく、好きだからこそ興味の範囲が狭いということは往々にしてある。ところがそこで、好き、イコール対象の全てに興味があり、その話題なら何でも好きと思われるとなかなかしんどい。

髪に切りに出かけたところ美容師との会話の中で音楽が話題に上った。休日はよくライブに行くと話したためだ。すると美容師は水を得た魚のように、それはもう嬉しそうに好きな音楽について語り出した。美容師の好きな音楽はファッションビルでよくかかっている、海外の有名ミュージシャンの曲……らしい。

そこからが辛かった。「○○って知ってるでしょ? え? 知らない? 絶対知ってるよ~聴いたら絶対わかるから! ほらここでもよくかけてるやつだって。すっごく人気で~私も大好きで、それでねあれでね云々かんぬん、youtubeに上がってるから聴いてみてよ! 音楽が好きなら絶対好きになるから!」

簡潔にまとめたが、実際はこの十倍の熱量と文量であった。立て板に水とはまさにこのこと。美容師のよく回る舌の前で辟易しながら「いや、音楽全般が好きなわけではなくて、ものすごく好きな音楽が一部あるだけなんで……」と己は答えた。むしろそれ以外にはあまり興味がなく、人に勧められるのが苦手で勧められた時点で絶対に聴かないから無意味ですよ、とまでは流石に続けなかったが飲み込んだ言葉は腹の底に溜まった。

しかし美容師のトークは止まらず、その楽しげな様子を見て思ったことはこんなにも自信を持って人に勧められるのはある意味うらやましいということ。きっとこの人は好きな音楽の話題を出すとき、どこから話そうか、どの程度なら話を聞いてもらえるだろうか、と逡巡したことがないのだろう。

試しに己もマシンガントークを繰り広げてみるかな、と思いつつも実行には移さず、壁をぼーっと眺めて過ごした。語り続ける美容師はいつまでも楽しげだった。




何度も見かけたことはあるものの話したことはない人と、一緒にテーブルを囲んでご飯を食べるのは何とも不思議なものである。そうして己は違和感を楽しみながら真昼間からビールを傾けたのであった。

場所は埼玉県川口市のライブミュージック&レストランバー「ショックオン」。ここで橘高さんとおいちゃんの弾き語りライブが行われるということで電車にガタゴト揺られて目的の地へ。開場は昼の十二時で、開演は十三時。入ってすぐ右手側にステージがあり、ステージと向かい合うようにテーブルが並べられている縦長の構造だった。ちなみに椅子にまっすぐ座るとちょうどステージに体の側面を向ける形になるので、演奏中は体と首を斜めにする必要がある。でないと見えない。

番号が後ろの方だったので後方のテーブルにつき、食事と飲み物を注文して食べながら開演を待つ。テーブルがあるだけで随分待つのが楽だなぁ、と思った。

そして始まった今回の公演も……最高に楽しかった!

このツアーでとったチケットは三枚だ。前回が一回目、今回が二回目、最後の最後、ツアーファイナルで三回目。だが、二回目を終えまだあと一回残っているにも関わらず抱く欲求と言えば、まだ観たい、もっと観たいというものだった。

オーケンの歌詞をオーケン以外の人物が歌うことにより、歌詞から生じる新たな側面に出会える楽しさ。ニコニコしながら心底楽しそうにお喋りをする橘高さんとおいちゃんの微笑ましさ。聴き慣れた曲がアレンジされる新鮮さに、筋少のライブでもなかなか聴けないレアな曲を聴ける嬉しさ。そして、橘高さんとおいちゃんによるオーケンへのまっすぐなリスペクトとメンバー、バンドへの溢れる愛に、格好良いギターと歌声を間近で聴ける高揚感!

きっと楽しいに違いないとは思っていたが、思っていたが! こんなに楽しいなんて、軽々と期待を超えてくれることがたまらなく嬉しくて仕方がない。

今後に繋がることについて橘高さんもおいちゃんも前向きでいてくれることが嬉しい。このツアーの中でユニット名を決めましょうと初回の阿佐ヶ谷公演で話していて、各地でも様々な案が出てきたそうだ。有力候補としては「たちばなキャッスル」があり、本日はルースターズの伝説的MCから「てん」というユニット名が生まれ、橘高さんとおいちゃんのツボにはまったのかライブ中に散々ネタになっていた。ちなみにこれ、ピリオドを打って「てん」と読む。

曲の入れ替えも多くて嬉しい。今回初めて聴いたのは「トリフィドの日が来ても二人だけは生き抜く」「お散歩ネコちゃん若き二人の恋結ぶ」「サイコキラーズ・ラブ」「指」「愛のためいき」「パノラマ島失敗談」の六曲。中でもたまらなかったのは「お散歩ネコちゃん若き二人の恋結ぶ」と「パノラマ島失敗談」だ。この二つはどちらもおいちゃんのボーカルで、おいちゃんが歌うことにより甘酸っぱさが増していて素晴らしかった。「LIVE HOUSE」に見られるような、ちょっぴり照れてしまいそうな青春の甘酸っぱさをニコニコと正面から歌い上げるおいちゃんのボーカル。そのスタイルがガツンとはまっていて、妙な言い方だが筋少の曲ではないような、まるで街角で流れるお洒落なポップスのように感じられるのだ。そのうえでバラバラ死体なんて言葉が出てくるギャップがまた、良い。

もともと男性ボーカルによる女性一人称曲が大好きで、故に「パノラマ島失敗談」は好みのど真ん中なのだが……おいちゃんのボーカル、すごく良かったなぁ……。

「サイコキラーズ・ラブ」ではマイクから口を遠ざけ、ぐっと噛み締めるように地声で歌うシーンも。サビの部分ではおいちゃんと橘高さんの声が重なり、おいちゃんが低いパートを歌っていてそのハーモニーが実に美しかった。

橘高さんが歌うオーケンの歌詞も絶妙だ。「トリフィドの日が来ても二人だけは生き抜く」「レティクル座の花園」「愛のためいき」が特に好きだ。中でも「レティクル座の花園」「愛のためいき」ではコーラスパートがオーディエンスに委ねられ、知らない人々と声を揃えて桃子の悲しさを歌うのはしんみりと心地良かった。

トリフィドの後に聞いた意外な話も面白かった。歌詞に書かれないコーラス部分で何を歌うかはメンバーが決めているそうで、オーケンは作っていないそうなのだ。「大槻さんに頼んでも作ってくれないんだよね~」と話し、うんうん頷く二人が微笑ましい。同時に納得した。なるほど、いつかの筋少ライブで再殺部隊か何かの曲のコーラスが話題になったとき、オーケンが「そんなこと言ってたんだ、知らなかった!」というようなことを話していて、いやいやあなたが作った歌詞じゃあないですか、とその当時は思ったものだが、作ってなかったのか。合点がいった。

故に、トリフィドの「トリフィド! トリフィド! 流星! トリフィズ!」も、橘高さん曰く「まずトリフィドが来て、トリフィドが来て、流星があって、もう一体トリフィドが来るから複数形でトリフィズ!」とのことで、続々とトリフィドが襲来する様子を身振り手振りで表してくれて面白かった。

ここ以外でも何度もオーケンの話題が出て、随所にオーケンへのリスペクトが感じられて非常に嬉しかった。オーケンがギターの練習を始めたとき、当初橘高さんは一時的なものだろうと思ったそうだ。ところがしっかり続いて弾き語りツアーまで始め、そんな新しいことにチャレンジする姿勢に感銘を受けたらしい。また、少しずつ練習を積み重ねるオーケンを見て、かつてギターの練習を始めたばかりの自分を思い出し、今その過程を踏んでいることを羨ましく思ったそうだ。そこで、オーケンがギターを始めるなら、自分達はボーカルを頑張ってみようとチャレンジしたとのことである。

おいちゃんはオーケンのためにたくさんのタブ譜を書いたそうで、「Future!」の制作中にも「この曲を弾きたい」とリクエストされて「Future!」の曲のタブ譜を作ったそうだ。タブ譜も最初の頃は簡単に弾けるものだったが、最近は難しい要素も取り入れて作っているという。ニコニコしながらオーケンについて話す二人を見ていると、いやーなんかもう嬉しくなってしまうね。

後方の席だったためギターを奏でる手元が見えづらかったことは残念だったものの、相変わらず「ゾロ目」は圧巻の迫力で凄まじかった。これは……アコースティックギターでやる曲なのだろうか……? 

最後の「アデイインザライフ」ではパッと青空が開けるような開放感の中、気持ちよくライブは終了。そして……嬉しかったこと! 何と最後、演奏が終わってから橘高さんとおいちゃんがステージを下りて後方まで歩いて来てくれたのだ! 手に触れることこそできなかったものの、間近まで来てくれて嬉しかったなぁ……! ドキドキしてしまったよ!

次回参戦するのはツアーファイナル。終わってしまうのは寂しいがきっとまたその先があると信じて最終日の開催を待とう。楽しみだ!!



航海の日
機械(おいちゃんボーカル)
トリフィドの日が来ても二人だけは生き抜く(ふーみんボーカル)
ドナドナ(おいちゃんボーカル)
レディクル座の花園(ふーみんボーカル)
奇術師
Cheap Trickのカバーで「Surrender」

~ふーみん退場でおいちゃんソロコーナーへ~
お散歩ネコちゃん若き二人の恋結ぶ
サイコキラーズ・ラブ

~おいちゃん退場でふーみんソロコーナーへ

愛のためいき

~ステージに二人が戻る~
青ヒゲの兄弟の店
パノラマ島失敗談
蓮華畑(メンバーの曲を歌ってみよう)
世界中のラブソングが君を
ゾロ目
LIVE HOUSE
アデイインザライフ



180421_1138




2018年4月15日(日) 緑茶カウント:0杯

くたくたに疲れ切ってラーメン屋に入った夜。ラーメンと餃子を注文し、ふぅと息を吐きながら小皿に醤油と酢を注ぐ。この店の小皿はお猪口のような形で深さがあり、珍しいなと思った。酢と醤油の割合は4:1ほど。酸っぱさが強い方が好きなのだ。

そうして待つうちにまず運ばれてきたのは餃子。カリカリ熱々の餃子を酢醤油に浸し、パクリと口に含む。美味い。じゅわっと肉汁が染み出て、ジャクジャクとした野菜の歯ごたえが楽しく、もちもちした皮が心地良い。また一口齧る。美味い。

ラーメンが運ばれ、麺をすくって口へと運ぶ。塩分がガツンと脳に響いて気持ちが良い。あー、やはり疲れていたんだなぁと思いつつもぐもぐと噛み、ふとお猪口のような小皿に入った酢醤油に目が行った。餃子はもう食べ終わったが酢醤油は残っている。……何となく、日本酒を楽しむように酢醤油を傾けた。

そしてこの日、己は気付いた。己は餃子も好きだがそれ以上に酢醤油が好きで、酢醤油だけでも充分楽しめる人間であることに。

後日、家でショットグラスに酢醤油を注いで飲んでみた。餃子も何もなかったが美味しかった。何と、酢醤油を肴にビールを呑めた。んまかった。

と、いう話を人にしたら「マジかよ」と若干引かれたので、皆様是非お試しください。ンマイよ、酢醤油。




■4月9日1時「レポありがとうございます♪」の方へ

素晴らしいライブでしたね! 本当に楽しかったです。是非定番化してほしいですね。

■4月12日22時くろちゃんへ

見てくれてありがとう! そうそう、作っていて楽しかったものの結構大変だった……けど、あのロゴはどうしても作りたかったので完成できて良かったよ……。
三番の最上さんに投票ありがとう。演じているオーケンがパソコンに不慣れなのでブラインドタッチが何か不自然なんだ。そのシーンだけでも見せたいくらいだよ。(笑)




2018年4月12日(木) 緑茶カウント:2杯

ミントと炭酸は強ければ強いほど良いと信じている。しかし唐辛子は苦手である。こちらは控えめな方がよろしい。

下手をすると一日中ミントタブレットとミントガムを食べ続けている。どちらも黒いパッケージで強烈な清涼感をうたっているが、物足りない。もっと鼻から脳に突き抜けるような、冷たささえ感じるような強烈な刺激を口に入れたいのに、生憎満足するものに出会ったことがない。

対して炭酸の方は理想的なものに出会えていて嬉しい。好きなのはウィルキンソンの炭酸水で、大粒の気泡に咽喉を殴られる心地良さを味わうたびに幸せになる。このくらいの刺激のミントにも出会えたら良いのになぁ。

ミント狂の方で良いものをご存知の方は是非ご一報を。ミンティアメガハード、ブラックブラックタブレットよりも強いものに出会いたい。